【大阪港】幕末京都オープンデータソン#09開催

1/19にイベント開いてから「イベントレポートを掲載しなきゃな」と思いつつ、全く出来ないまま3月になってしまいました(苦笑

大阪港で集合写真!

「幕末京都」と言っておきながら「大阪港」でイベント開催…。
理由としては、徳川将軍の家茂が大阪港の天保山から蒸気船「順動丸」に乗って大阪湾周辺を巡視した故事があったため企画しました。

こんな感じでまち歩き&現地調査します

大阪港駅で集合して天保山へ。天保山では全員が山頂(?)に登ったり、一部(約2名)が渡船場から向こう岸に行ってみるなど、自由過ぎる感じでまち歩きを楽しみました。

大阪港の岸壁。やっぱり船は好きだなぁ

海岸沿いを歩きながら、ふと気づくとマーメイド像がありました。
気が付かないけど、こんな所もあるんですね。

マーメイド像。昔は別の場所にあったような気も…

みおつくし。アート作品なのか不思議。少なくとも実用では無い模様。

大阪港の開港150年を記念して作ったものらしい
お寺も回ったり
神社も回ったり

まち歩き(現地調査)が終わった後、共催のTEQSさんへ移動してご飯

TEQSさんはATCの6Fにあるビジネスサポート拠点

普通のまち歩きイベントなら終了しているハズですが、オープンデータソンはこれからが本番。OpenStreetMapとWikipediaの編集が始まります!

講師のみなさんによる概要説明

Wikipediaを執筆するにはしっかりした資料が必要。今回は司書の方にリファレンスをお願いして、様々な資料を用意して頂きました。

写真は4テーマですが、資料の少ない1テーマは無しとなりました

これだけの資料は運ぶのも大変で、トランクに入れて運んで頂きました。
お昼休みの時間帯に追加資料を近くの図書館まで借りに行ってもらうなど
本当に司書の方たちには感謝しております。

たくさんの資料がはいったトランク

OpenStreetMapとWikipediaの概要説明後、OpenStreetMap班とWikipedia班に分かれます。また、Wikipedia班でもテーマ毎にチームを分けて記事を書いていきます。

手前がOpenStreetMap、奥がWikipediaの執筆風景

編集が始まって2時間経過。半ば強引に編集時間を終了します。
※時間を切らないといつまで経っても終わらないので仕方なし。

編集終了後は、参加者が一人づつ成果と感想を述べて頂きました。

プロジェクターに映し出しての成果発表(Wikipedia)
OpenStreetMap成果発表(赤くなっている所が編集された場所)

そんな訳で、楽しくWikipediaとOpenStreetMapを充実出来たと思います。
ここに掲載した情報が色んな方たちのお役に立てたら良いなと思います。

Wikipedia:築港大潮湯(新規)、西村捨三(加筆)、港住吉神社(新規)
OpenStreetMap:変更箇所の一覧(Overpass実行結果

みんなで楽しく、その地域のことを知って、地域の役に立つかもしれないオープンデータを整備する「オープンデータソン」。ご興味を持って頂いた方は、ぜひご参加してみませんか?

[facebookグループのオープンデータソン]
https://www.facebook.com/groups/1082034781954136/

また、関西では4月7日にお花見テーマで開きます!
本当にお花見して、楽しくまち歩きと記事と地図を書いていきます。

また、名古屋でも初めてのオープンデータソンを開催します。
ご興味ある方で、東海地方にお住まいの方は如何でしょうか?

[名古屋都市センターでのオープンデータソン]
http://www.nup.or.jp/nui/user/media/document/information/hall/machiaruki20190321.pdf

それでは、みなさんのご参加をお待ちしています!

オープンデータ関連の活動、Tips、備忘録など。Facebook https://www.facebook.com/K.Sakanoshita / Connpass https://countries-romantic.connpass.com/

オープンデータ関連の活動、Tips、備忘録など。Facebook https://www.facebook.com/K.Sakanoshita / Connpass https://countries-romantic.connpass.com/