#MappyHourJapanのご案内

OpenStreetMap Advent Calendar 2020の12/25記事

今日は2020年12月25日。メリー・クリスマス!
サンタさんのイラストを描けないので、クリスマス島を貼ってみる。

クリスマス島(オーストラリア連邦領)

これまでの人生において、今年ほど引き籠った年は無かった気がします。去年までは、毎週のようにイベントを開いたり、各地のイベントに協力していました(家族からは、週末は家にいない人と認識されていた)。

去年の10月は西日本旅行で、津山、高知、指宿、三原を回らさせて頂いて、図書館司書さんや親しい方たちにオープンデータソンの紹介をさせて頂いたのも懐かしい思い出です。しばらくは難しいかなぁ。

2月後半の時点で飲み会の自粛が求められるようになってきて、3月ぐらいから在宅勤務に切り替えた企業も増えて、4月に大都市に対して緊急事態宣言が出る。今より随分と感染者も少なかったのに大騒ぎでした。

諸国・浪漫の活動としては、3月20日に大阪市立島之内図書館と企画していたオープンデータソンが中止となってしまいました。楽しく大阪城と森ノ宮を歩こうと思ってたんだけど、本当に残念でした。

と、家に引き籠っても仕方ないと開き直ってオンライン活動へとシフト。
最初の活動は「OpenStreetMapのオンライン活動拠点を作る」でした。

これまではfacebookグループやtwitterのハッシュタグ(#osmjp)ぐらいしか無く、誰でも入れて気軽に話せる場所(ツール)としてSlackが良いと考えて、3月28日に「OpenStreetMap Japan」を立ち上げました。
OpenStreetMap Foundation Japan主管で立ち上げています。

Slackを立ち上げて「さぁ、使ってください」と言われても、何をどう書き込めば良いのか分からないし、反応が無いと寂しいし、そんなにメンバーもいないので、まずはSlack上でオンライン活動を始めました。

それが「#MappyHourJapan」です。

各自で町を歩いて現地調査して、それを毎週土曜日の夜にSlackでマッピングと成果発表をするイベント。同じ時間にマッピングするので、分からないことはSlackで聞いたらすぐに返事が返ってくる(多分)のが楽しい。

4月から初めて半年以上、参加者が多い時も少ない時も色々ありますが、もうしばらくは続けて行こうかなと思います。今後の様々な活動の礎となるデータが増える意義もあるけど、何より楽しいしね。

ご興味ある方は、Slack「OpenStreetMap Japan」へぜひご参加ください。
地図の描き方説明は無いので、以下の資料などで調べてくださいね。

あと、初心者向けのガイドサイトもあるので、合わせてお読みください。

おまけ・イベント画像ギャラリー

各地のお城を「まち歩きマップメーカー」で背景画像にしています。
#32からお城の名前を書いています、それ以前のお城は分かるかな?

オープンデータ関連の活動、Tips、備忘録など。Facebook https://www.facebook.com/K.Sakanoshita / Connpass https://countries-romantic.connpass.com/